脱毛とお酒の関係

脱毛とアルコールについて

脱毛,お酒

 

アルコールを飲む前後に脱毛を行っていいのか気になりますが、お酒を飲むことで体温が上がります。なぜなら、アルコールが体中に渡るので、その影響で血行が良くなるからです。その状態で脱毛を行ってしまうと、肌が照りやすい状態で受けてしまいます。そもそも、酔った状態で施術を受けるのはあまりよろしくありません。

 

血行が良い状態で肌に熱がこもりやすくなると、脱毛機の光で更に肌が熱くなり、痒みを伴います。痒みのあまり掻いてしまうと、却って悪影響を及ぼします。脱毛を行う前に酒を飲まなければ回避できますが、行った後に飲んでも良くありません。

 

施術をした後は血行が良い状態になるので、このまま酒を飲んでも良くないです。とはいえ、サロンでは脱毛前後の飲酒をしないよう忠告があるので、その通りに従えば避けられます。それでも、飲酒して脱毛したくなってしまうのが人間の本性です。

 

幸い、脱毛の施術は毎日行うものではないです。酒を毎日飲む人はいますが、脱毛を毎日行う人は存在しません。

 

毎日飲むほどのお酒好きでも、脱毛を行おうと思えば実行できます。その時だけ酒を我慢するのが一番簡単な道のりです。脱毛の前日と当日は酒を我慢する心構えが大切になりますが、ここさえ乗り切ればいつも通り酒が飲めます。

 

お酒好きであろうと、注意すれば安全に脱毛を行えます。

脱毛前後に飲酒するのはNG

脱毛,お酒

 

脱毛前後に飲酒すると、影響が出てしまうのでNGになります。脱毛前に飲酒すると出る影響は、施術の時に気分が悪くなってしまいます。脱毛は個室で行うのがほとんどなので、酒臭い匂いがするのはマナーとしても良くないです。

 

お酒を飲むと血行が良くなり、火照りを感じやすくなります。肌の表面も火照ったような感じになり、施術で脱毛器の光によって肌に熱がこもりやすくなるのでいつも以上に熱を感じやすくなります。このため、激しい痒みを感じてしまい、痒いたためにかいてしまったら、肌にダメージを与えてしまいます。

 

脱毛後に飲酒すると出る影響は、お酒を飲んだ影響で身体の血行が良くなり痒みを感じてしまいます。お酒を飲むと体温が上がり肌がいつもより乾燥してしまうので、肌が乾燥していると脱毛の効果が低下してしまいます。

 

エステやサロンでも飲酒はしないように注意されるので、必ず守るようにします。しかし脱毛前後と言っても、どのくらいの時間を空けたら良いのか分からないと思います。脱毛前は個人差があるので必ず何分前とは言い切れないですが、アルコールの分解が早い人は前日の深夜まで飲んで翌日の午前中に脱毛しても問題ないです。

 

アルコールの分解が遅い人は、半日空いても影響が出る場合があります。脱毛後は赤みがない場合は昼に脱毛して夜に飲む分には問題がないですが、赤みが出た人は半日経っても症状が改善されないので症状が落ち着くまで飲酒は控える必要があります。

シースリー宮城の店舗【仙台一番町店】の詳細!トップページへムダ毛処理に煩わしさを感じている方や脱毛サロンに興味のある方は、トップページでシースリーの詳細をチェックしてみてください。